JCT 教育システム

目的を叶えるための成長システム

人の成長には3つの原則があります。「目標を持って始める」「気づき、自分を変える」「良い習慣を持ち、持続させる」ことです。
私たちは学生一人ひとりの日本語力を確実に向上させるために、この成長の原則を教育システムに取り入れました。それがJCT教育システムです。

J:Jikei Japanese Monitoring

自分の日本語能力を正確に知る

TLSの教員が一から作成するオリジナルの日本語レベルチェックツールです。JLPTやEJUの変遷を参考に、TLSのカリキュラムに沿った問題を毎学期作成します。問題範囲は初級から上級にまで至り、全学生が取り組みます。このJJMにより、日本語学習全体を見た時の学生一人ひとりの細かい日本語力が測定できるようになりました。

C:Counseling

測定結果から自分の実力を分析する

JJMの結果を参考にして、担当教員(マイティーチャー)一人ひとりとカウンセリングを行います。学生自身が自己分析できるように促し、学生自身からは見えない課題など教員から見た学生の現状を伝えることで、何がどのくらいできるのかを知り、目標設定に活かします。

カウンセリングシート

例えば初級のクラスと言っても、学生一人ひとりの能力は千差万別です。語彙の使い方が得意な学生もいれば、文章の大意理解が得意な学生もいます。カウンセリングシートはJJMの結果を基にして作成され、どのレベルのどの科目のどの項目がどれだけできるのかが一目瞭然でわかるようにしました。

T:Target Setting

次学期に向けての最適な目標を設定する

カウンセリングシートを使って現状がわかったあとは、なぜ日本に来たのかという留学の大目標を念頭に置きながら、3ヶ月後の小目標を立てていきます。弱点を克服するのか、自分の強みを伸ばしていくのか、次のレベルで勉強できることとリンクさせていきます。それも在学中の成功過程を知る担当教員(マイティーチャー)だからこそできることです。

良い習慣を持ち、持続させる

JJMで現在の力を測定し、カウンセリングで分析、それを元に次学期の目標を立てる、このサイクルを1学期3ヶ月毎に繰り返すことで、習慣化させます。

入学語学力測定
カウンセリング/目標設定
3か月後語学力測定
カウンセリング/目標設定
3か月後語学力測定
目標達成!

4技能統合型カリキュラム詳細を見るTLSオリジナル教材 CHANGE詳細を見る選択授業詳細を見る学習成果(JLPT・EJU)詳細を見る