JJMとピカピカ

東洋言語学院にはテストはありません。
私たちはそれをモニタリング(JJM)と呼んでいます。
健康診断をするように、学生たちが自分の日本語でどこができてどこができなかったのかを知ることが大切だからです。
東洋言語学院の学生たちは自分の日本語の実力をチェックし、その結果をふり返って、次の目標を立てて少しずつステップアップしていきます。
目標に対して、できたところとできなかったところはどこなのか、できなかったところを今後どうすればできるようになるのかをしっかり考えました。

JJMのあとは、学期の最後の大掃除。
皆で気持ちよくできる勉強ができるように、部屋をピカピカにします。
きれいに使い、きれいに掃除する。

当たり前のことですが、とても大切なことだと私たちは考えています。

2015年3月20日 教務 唐崎 晴子