朴 珍容(Park Jinyong)さん

国籍 韓国
2009年1月 東洋言語学院 1.3年コース 入学
2010年3月 東洋言語学院 1.3年コース 卒業
2013年3月 東京コミュニケーションアート専門学校 卒業
2013年9月 某出版社 入職予定

どうして日本に留学しようと思ったのですか。

 子供のころから日本のアニメが好きでした。特にドラゴンボールとスラムダンク。日本のアニメは見る人はもちろん楽しいですし、作っている側の人も何だか楽しそうだと思っていました。自分も日本で漫画家になって、それがアニメ化されたものを見たい、それが日本留学を決めた理由です。

東洋言語学院の思い出を教えて下さい。

 プレゼンテーションコンテスト(現在の学習成果発表会)で優勝したことが一番の思い出です。自分より優秀な人がいたにもかかわらず、チームリーダーを任されたので、微妙な気持ちでやりました。でも、その役割をもらったからにはまず自分がかんばる姿をチームの皆に見せなければならないと思ってやりました。優勝したときにメンバーから、「あなたのおかげだよ」と言われたときは本当に嬉しかったです。

専門学校の生活はどうでしたか。

 TCA(東京コミュニケーションアート専門学校)では、日本で漫画家になるための心構えを教えてもらいました。漫画家だけではなく仕事をするということが決して楽なことではないことも学べました。最初にネームを何枚も描かせられたときには、大変なだけでよくわからないこともありましたが、今ではそれが貴重なアドバイスであったことに感謝しています。

就職活動の思い出を教えて下さい。

 TCA在学中に、いろいろな出版社に直接アプローチをしました。幸いにもある出版社の担当の方に目をつけてもらって、現在にいたりますが、これまで担当とのやり取りは数え切れないほどありました。自分では力作だと思っても、だめだしをされたり、時にはほめられたり、でも、親身になって話してくれた担当の方には本当に頭が上がりません。漫画のストーリーの作り方は担当から学んだと言っても過言ではないと思います。

最後に日本に留学を考えている人たちに何かアドバイスやメッセージをお願いします。

 日本に来る前に何をしたいのか目標だけははっきりしてほしいですね。日本に来てから進路を決める人もいるとは思いますが、日本に来る前から強い意志を持っている人の方が成功する確率はきっと高いです。あいまいな気持ちでは自分の道は切り開けないと思います。


  • コンタクト
  • お問い合わせ
  • 学生寮
  • TLS PHOTO
  • TLS BLOG
  • TLS MOVIE
  • 卒業生の活躍
search
Facebook weibo cafe.naver youtube flickr