李 載遠(Lee Jaewon)さん

就職して4年、現状を聞いてみました。(2013年7月更新)

 会社はそれぞれポリシーを持っています。持っていないほうがおかしい。それに自分を当てはめていくのがとても大事です。それが時にはストレスになったりしますが、同じ方向を向かないとチームが成立しないこともよくわかりました。
 今はマネージャーという役職について仕事をしていますが、どうすればチームのメンバーがそれぞれの個性を最大限活かし、お客さんに最高のサービスを提供できるのかを常に考えています。うまくいったり、うまくいかなかったり悩むことは多いですが、今の自分に与えられた役割をとにかく果たそうとがんばっています。
 今年、日本人の妻との間に子供が生まれました。そういったこともあり、自分がどんどん変わっているのを感じます。皆さんもたくさん悩んでがんばってください。

国籍 韓国
2007年1月 東洋言語学院 1.3年コース 入学
2008年3月 東洋言語学院 1.3年コース 卒業
2008年    総合旅行業務取扱管理者・国内旅行業務取扱管理者合格
2010年3月 JTBトラベル&ホテルカレッジ 国際旅行ビジネス科 卒業
2010年4月 株式会社中沢ヴィレッジ 入職

どうして日本に留学しようと思ったのですか。

 日本語に興味があったことと、領域を広げたいと思ったことがきっかけです。実行しないと気が済まない性格なんです。

東洋言語学院の思い出を教えて下さい。

 いっぱいあります。毎日毎日が思い出です。行事が多くて、先生達とコミュニケーションが沢山とれましたし、仲間も沢山できました。

専門学校での生活はどうですか。

 国家試験の為の授業は言葉が難しくて、最初は7割くらいしか理解できませんでした。アルバイトもしていたので、どうやったら勉強とアルバイトの両立が上手くできるのかを考えていました。考えながら日々を生活していくうちに、次第に上手くやっていく方法が見つかり、それから全て自分のペースでできるようになりました。資格をとってから自信もつきました。”始めないと、始まらない”、”チャレンジ精神”、厳しかったけど、こういった考え方も学ぶことができました。

就職活動の思い出を教えて下さい。

 最初の面接では、緊張して頭が真っ白になってしまいました。話す言葉を完璧に覚えて行ったのに、全然だめでした。そこで気づいたことは、自分の言葉で言わないとだめだということ。それから、だめだったときは引きずらないで気持ちを切り替えることです。就職活動は、学校である程度のことは教えてくれますが、基本的には”誰も助けてくれない、自分でやるべきこと”と考えることが大切です。入社したいという強い気持ちが無いと勝ち取れないですね。

最後に留学を考えている人にメッセージをお願いします。

 楽しむこと、日々勉強だと思うこと。それと、目標を立てること。目標があると何をしようかと考えることができます。実は私は当初は1年で帰国するつもりでした。でも、勉強していくうちに新たな目標が見つかりました。何事もやってみること。そうしなければ、目標を立てることすらできなかったです。


  • コンタクト
  • お問い合わせ
  • 学生寮
  • TLS PHOTO
  • TLS BLOG
  • TLS MOVIE
  • 卒業生の活躍
search
Facebook weibo cafe.naver youtube flickr