關 梓佳(Kwan Tsz Kai)さん

国籍 香港
2004年10月 東洋言語学院 1.6年コース 入学
2006年3月  東洋言語学院 1.6年コース 卒業
2008年3月  JTBトラベル&ホテルカレッジ 卒業
2011年9月  JTB(HONG KONG)LTD. 入職

どうして日本に留学しようと思ったのですか。

 日本のゲームや漫画、音楽が好きだったのが日本に興味を持ったきっかけです。日本語を勉強して大好きなLArc-en-Cielの歌の意味やアニメをダイレクトに日本語で理解したいと思い日本へ来ました。

東洋言語学院の思い出を教えて下さい。

 友達とスキー旅行で長野に行ったのが一番の思い出です。スポーツは全般得意なのですが、スキーは始めての体験でしたから、なかなか体が思うように動かずにクラスの皆とやきもきしながら過ごした思い出があります。日常生活の中では、休憩所で先生方とフランクにお話できた事に驚きと嬉しさを感じました。

専門学校受験のためにどんな準備をしましたか。

 まず、日本に来た目的は日本語力をつけることでしたから、日本語検定1級をとることを目指していました。TLS在学時には2級に合格していたので、結果としてそれが進学の為の準備につながったと思います。又、私は色々な人と話をする事が好きで学校の友達はもちろんのこと、アルバイト先の店長や同僚ともとにかく沢山日本語で関わりを持っていました。今思えばその事も旅行業界で勉強してゆく上で大切なことではなかったかと思います。

就職活動の思い出を教えて下さい。

 私は話をするのが好きなので、人と沢山関わることができる仕事がしたいと思い、出会ったのが今の会社です。日本で観光の勉強をしたこと、日本語が話せること(日本語能力検定1級合格)、それに加えコミュニケーションを円滑に図れることが採用のきっかけになったように思います。今は、カスタマーサービスで主に日本から来る旅行者の手配の仕事を全般に行っています。同僚皆がお互いに助け合いながら働けるこの環境に大変満足しています。私のコミュニケーション能力は自分のオープンな性格に加え、日本で本当に沢山の人と積極的に関わりを持てたことで養われたのではないかと感じます。アルバイト先の店長も今では私の大切な顧客ですから。旅行業界で働きたいと思っている方もきっといると思います。旅行好き、歴史好きであることも勿論大切なことではありますが、この業界は人を相手にする仕事です。人が好きである事も大切な要因であると私は思います。是非、在学中も沢山の人と積極的に関わりを持ってくださいね。

最後に日本に留学を考えている人たちに何かアドバイスやメッセージをお願いします。

 まず日本で何がしたいのか、自分は何の為に日本へ行くのか、その目的意識を自分の中で強く持てるように考えることが大切だと思います。その後はNever Give Upで頑張るのみです。


  • コンタクト
  • お問い合わせ
  • 学生寮
  • TLS PHOTO
  • TLS BLOG
  • TLS MOVIE
  • 卒業生の活躍
search
Facebook weibo cafe.naver youtube flickr