胡 立言(Hu Liyan)さん

国籍 中国
2005年10月  東洋言語学院 1.6年コース 入学
2006年 3月  東洋言語学院 1.6年コース 修了
2008年 3月  東京商科学院専門学校 経営ビジネスコース 卒業
2009年 4月  CHENGOU GAF TECHNOLOGY GO.LED
      (イベント制作会社) 入職

どうして日本に留学しようと思ったのですか。

 子供のころから日本のアニメとゲームが好きでした。日本に来たら最新のゲームができる、日本で流行っているアニメが見られると思っていました。日本語学校卒業後は、ゲームの専門学校に入って、将来ずっとアニメに携わっていきいたいと思っていました。

東洋言語学院の思い出を教えて下さい。

 私は日本に来る前、学校で日本語を勉強したことはありませんでした。オンラインゲームをやりながら、日本人と知り合って、友達になって、日本語を少しずつ覚えていきました。そのおかげで、TLSに入学するときは、他の新入生と比べてかなり会話ができていたと思います。TLSの先生たちは私の日本語の上達のために、上級クラスに入れてくれました。でも、私は会話ができるだけで、基礎文法知識、文字語彙とかは全然できていなくて、いつもテストの成績が悪かったです。担任の先生は私の話をよく聞いてくれて、一緒に対策を考えてくれました。TLSの先生はいつも親切でした。それが私の一番の思い出です。

専門学校の思い出を教えて下さい。

 私はもともとゲームの専門学校に入りたかったんですが、日本に住んでいるうちに、日本人の経営手法について興味がわくようになりました。なぜ日本は先進国としてこれだけ世界的に評価されるているのか気になるようになったんです。経営を勉強しよう、そして、将来的には自分の店を持とうと思いました。専門学校での学習は日本語学校と違って、学生の人数が多く大変でした。私は主体的に活動することを心がけていましたが、そういった自主性がないと2年間の勉強は何もならなかったかもしれません。

就職活動の思い出を教えて下さい。

 専門学校在学中、卒業前の半年はインターンシップでいくつかの企業で働くことができました。そこで体験した日本の企業文化は、最初は慣れないところもありましたが、とても勉強になりました。最終的には中国で自分の店を持つことを決心し、帰国することにしました。

最後に日本に留学を考えている人たちに何かアドバイスやメッセージをお願いします。

 留学しようと思っている皆さん、行動する前はよくよく考えることです。そして、本気で日本留学を志すのなら、今のうちにできる限り日本語を勉強することをおすすめします。日本に来てから有利になるはずです。


  • コンタクト
  • お問い合わせ
  • 学生寮
  • TLS PHOTO
  • TLS BLOG
  • TLS MOVIE
  • 卒業生の活躍
search
Facebook weibo cafe.naver youtube flickr