崔 正龍(Choi Jungyong)さん

国籍 韓国
2007年1月 東洋言語学院 1.3年コース 入学
2008年3月 東洋言語学院 1.3年コース 卒業
2011年3月 東京フィルムセンター映画・俳優専門学校 卒業
2011年4月 韓国帰国後、フリーランスのカメラマンとして活躍

どうして日本に留学しようと思ったのですか。

 2005年の冬頃から留学を意識し始めたのですが、その頃は漠然とカメラを学びたいということで、留学してから専門的に学ぶことができる学校を探そうと思っていました。日本に限らず他の国でも探しましたが、日本に興味のある学校を見つけ、近い国ということもあり、日本留学を決めました。

東洋言語学院の思い出を教えて下さい。

 全般的に楽しかったです。学校に通い始めた中盤あたりから、学校のスタッフや先生達がイベントなどで盛り上げているところに自分も積極的に参加するようになりました。『自分も積極的に楽しむこと。』そうしたら次第に学校が楽しい場所に変わっていきました。

どうして東京フィルムセンター映画・俳優専門学校に進学しようと思ったのですか。

 実は韓国にいたころから興味のある学校というのが、FC TOKYOでした。FC TOKYOはまだ歴史も浅く、新しい学校なので不安も正直ありました。でも、マイスクールで実際入学前に体験授業をしていくうちに、この学校は自分にとって良い学校なのではと感じてきました。実際専門学校に入学して自分がやりたいことが全てここにあると感じました。そして夢があればそれに向かって全力でサポートしてくれる学校だと思いました。こんな学校他には無いと思えるほど満足しています。

専門学校での生活はどうですか。

 最初はクラスメイトなどの日本語の会話の早さに戸惑った日々もありましたが、自信を持って日本語で話せば、相手も応えてくれて友達になることができました。でも、たとえ友達との会話でも、韓国語の感覚で冗談を言うと日本語としては失礼になってしまうこともあるので、言葉の使うタイミングなどは、今でも難しいです。

最後に留学を考えている人にメッセージをお願いします。

 日本語を少しでも学んでから来たほうがいいと思います。留学してから学べばいいという考えは捨てて下さい。私も来日したときは、日本語が全然できませんでした。留学して日本語を話すことができるようになりましたが、もし韓国から日本語を学んで来たら、もっと日本語力を伸ばすことができたと思います。そして、”夢を持って” ”自信を持って” 下さい。


  • コンタクト
  • お問い合わせ
  • 学生寮
  • TLS PHOTO
  • TLS BLOG
  • TLS MOVIE
  • 卒業生の活躍
search
Facebook weibo cafe.naver youtube flickr