地域とつながる職場体験チャレンジザドリーム2015その2

11月25日から11月27日までの3日間、江戸川区立葛西第三中学校から男女1名ずつ元気で明るい生徒さんが職場体験にやってきました。このページでは二人が職場体験を通じて気づいたことを、二人の言葉を使ってまとめてみました!

TLSってすごい

まずは私たちが見つけたTLSのすごいところです!

 ・ひとつの教室にいろいろな国籍、いろいろな文化、いろいろな言葉
 ・自分の国を離れ、日本でやりたいことを持っている
 ・実際に夢を叶えた卒業生
 ・初めての人でもフレンドリー
 ・大学クラスの学生は私たちが知らない言葉も知っている
 ・教室ではどんどん教えあっている
 ・日本に来てたったの3ヶ月なのに意思疎通ができる
 ・私たちに対しても失礼がないか気にかけてくれる
 ・ノリがいいので、思わずこちらも笑顔に
 ・バス停目の前、アクセス便利

TLSってこんなところ その1 —あいさつ—

私たちが初めてしたことは朝の挨拶です。「おはようございます」と言ったらにこやかに返事をしてくれてとてもうれしかったです。あいさつのすばらしさ、大切さを改めて実感しました。
これまで、大人の外国人の方と話をすることはほとんどありませんでした。言葉が通じないかもしれない、コミュニケーションがとれないかもしれないと思って、こわい感じもありました。だから、職場体験に来るまでは少し不安がありました。でも、1日目の朝の挨拶で、留学生のみなさんが、始めてみる僕たちに笑顔であいさつして、温かく迎えてくれたことで、不安がだいぶ和らぎました。

TLSってこんなところ その2 —様々な国からの留学生—

大学や大学院、専門学校を目指す人が、それぞれの進路に合ったクラスで、様々な国の人と触れ合いながら日本語の勉強に励んでいます。最初はいろいろな国からのいろいろな文化を持った学生が、同じ教室にいるという環境がなんだか不思議でした。

TLSってこんなところ その3 —夢を持った留学生—

日本で○○になるため日本語を学んでいるという学生さんたちは日本語を話せるようになるということを最終目標にしていません。ひとり一人自分の夢を叶えるために勉強しているそうです。必要な道具の一つを使いこなすという考えをもっているのってすばらしいです。
この学校の卒業生の中にも自分の夢を叶え、ミュージシャンや漫画家になった卒業生もいるそうです。

TLSってこんなところ その4 —面接練習のアシスタントをしました—

大学院の授業では面接の練習に参加させてもらいました。学生の皆さんは本当はとてもいい考えをもっているのに、それをうまく日本語にできないことに苦しみながら、自分の頭にある考えを必死に伝えようとする気持ちが伝わってきました。

TLSってこんなところ その5 —日本語学校の授業—

授業は設備の整った清潔感のある教室で行われていて、皆さんが真剣に取り組む姿や、お互いに教えあっているところが印象に残りました。授業中に言葉が飛びかっているのはとても新鮮でした。
そして、先生方を含めクラス全員がとにかく笑顔。授業中であっても笑顔で参加しているのはとってもすばらしいことだと思います。

TLSってこんなところ その6 —とにかく楽しそう—

授業のあと先生方と学生たちがうちとけて話しています。休み時間などでも楽しそうに話していてとてもステキな雰囲気でした。

職場体験を終えて

TLSのみなさんのおかげで、私たちの外国人に対するイメージは大きく変わりました。外国語を話せたらもっとおもしろそうだし、外国の人ともっと意見交換したいとも思いました。
そんなすばらしい職場で3日間も体験させていただいたことはこれからの人生にも活きてくると思います。