就職プラン



Ⅰ 概要

「日本で働きたい!」と考える留学生が増えている中、これまで難しいとされてきた日本での就職の可能性が広がっています。すでに国で大学を卒業している学生には、日本での就職のチャンスが広がっています。
日本で就職するために、一般的には書類専攻の際にJLPTのN1を取得していることが大きな武器になると言われていますが、大切なことは「日本語能力」だけではありません。日本の仕事観・システム・働く姿勢・上司や同僚との関係等を知ることです。私たちが目指すのは「ただ日本で働く」のではなく、「日本でキャリアアップできる」人材を育てることにあります。

会社の探し方に始まり、履歴書の書き方、面接練習はもちろんのこと、身だしなみ、就労ビザの取得方法を指導していきます。クラスの内外問わず就職を希望する学生ひとり一人に合わせたサポートをしています。


企業が求めていることとは、何でしょうか。考え方・話し方・振る舞い方等、言葉を超えて学ばなければならないことが数多くあります。これらのスキルをいかに身につけるのかが面接時の大きなポイントとなります。


企業が学生の書類を選考する際、一般的にN1取得により選択肢が広がると言われています。N1レベルの日本語とは「幅広い場面で使われる日本語を理解できる」力を指します。日ごろから新聞やニュースに触れておくことも大切です。

Ⅱ 学習フロー

Ⅲ 就職状況

2020年の東京オリンピックに向けて日本企業もグローバル化を図るため、グローバル人材の採用に積極的になっています。実際、2015年における留学生の日本企業への就職状況は、就労ビザ取得数においても15,657件と前年度より20.1%増加しています。(法務省HP参照)



なぜ、留学生の採用が増加傾向にあるのか、以前は企業が海外に進出する際には、現地採用が一般的でしたが、近年、純粋に能力のある人材を確保する傾向にあります。

 ・語学スキルがあること
 ・バイタリティーに富んでいること
 ・母国と日本という2つの文化に触れていること
 ・多様なバックグラウンドを持っていること

日本と海外では様々な違いが見られますが、この多様性を活かし、企業が求めていることに加え、自分という価値を正しく表現し伝えることが一つの大きなポイントとなっています。

Ⅳ 学生の声

Ⅴ 進路情報(2017年3月)

就職

● 株式会社エーエーエス
● 株式会社ハートコーポレーション
● ライフエヌビー株式会社

● 某映像音響設備設計会社
● 某インバウンド観光旅行会社
● 某ゲーム開発会社
● 某デジタルマーケティング
● 某半導体卸業
● 某家具販売会社
● 某貨幣処理機メーカー
● 某エグゼクティブサーチ
● 某金融系システム会社
● 某モデル事務所
● 某飲食店 




  • コンタクト
  • お問い合わせ
  • 学生寮
  • TLS PHOTO
  • TLS BLOG
  • TLS MOVIE
  • 卒業生の活躍
search
Facebook weibo cafe.naver youtube flickr