【授業】んだんだ!!日本語がんばろう!!

こんにちは!!大学クラス担当の川口です!
さて 私の出身地はどこでしょう??
東京より・・・北にあるさむぅーいところ!ここでーーす!!!
わかる人いますか???

うーん・・・地図が下手?わかりにくい?
じゃあ もうちょっとヒントです!

①お米がおいしい!!
②酒がうまい!!
③美人がたーっくさん!!(笑)

わかった人もいるかなぁ~

んだんだ!!私の出身は秋田県(あきたけん)です!
みんな知ってますか?

あ、、、「んだ」がわからない?
これは私の県ではよく使う言葉、「そうです!」という意味です

そうです = んだ!

そして私は秋田県出身のせいで日本語の先生になるときにとっても
困ったことがありました 
それはアクセントです

日本人なんだから日本語のアクセントなんか簡単でしょ!
と思うかもしれませんが・・・
これが本当に難しい!! 
同じ日本でも地域によってアクセントは全然違います

そして 何度も周りの先生に教えてもらって
ようやく使い分けができるようになったんです!

実は留学生のみなさんも私と同じように日本語の壁にぶつかっています

いつも同じ助詞の間違いをしてしまう・・・
いつも自分の国の漢字で作文を書いてしまう・・・
いつも先生に同じ間違いを指摘される・・・

一度、覚えてしまったことやクセになってしまったことって
なかなか直すのが難しいですよね!

でも、大丈夫!TLSでは作文の時間を使って
学生がよく間違う問題をみんなで考えて
自分の苦手なことと向き合っています!

えーこれは正しくないんですか
先生!じゃあこれはどうですか

みんなで調べたり意見を出し合ったりしながら考えます
自分が毎回間違えてしまうクセや習慣と向き合います

それは本当に大変なこと
先生たちは知っています
でも だからこそみんなの気持ちになって一緒に考えることができます

みーんな 間違えます 日本人だって 間違えます
だから 上手にできたとき うっれしいんですよねー
みなさんは どんなところいつも間違えてしまいますか?

2017年11月10日 教務 川口 温子